PayPayで請求書払いも!公共料金もボーナス対象でお得な使い方

PayPay 請求書払いが利用可能に! PayPay
この記事は約4分で読めます。

2019年9月2日(月)から、スマホ決済サービス「PayPay」で電気・ガス・水道といった公共料金を支払えるようになりました。

「PayPay 請求書払い」は、電気・ガス料金などの公共料金の請求書(払込書)に記載されたバーコードをアプリ「PayPay」で読み取れば、自宅にいながら支払いを完了できます!

それでは、「PayPay請求書払い」の使い方や注意事項を見ていきましょう。

スポンサーリンク

請求書払いとは?

請求書払いとは

請求書払い」とは、スマホ決済サービスを利用して、電気やガス料金などの公共料金を支払うことです。

毎月自宅に届く公共料金の請求書(払込書)に記載されたバーコードを、スマホ決済サービスで読み込めば、コンビニや銀行に行かなくてもその場で支払いができます!

今回、請求書払いが可能になった「PayPay」は、初期段階として下記の請求書に対応しています。

  • 東京ガス
  • 東京電力
  • 東京都水道局
  • 広島ガス
  • 中国電力
  • 九州電力

スマホ決済の請求書払いで公共料金を支払うメリット

つまり、「PayPay 請求書払い」で言えば、上記の事業者と契約している人は、公共料金を好きな時にどこでも支払うことができます。
わざわざ、公共料金を出かけるために外出する手間が無くなります

また、現金を引き出す時の手数料や、コンビニで支払った後についでに買い物することもなくなるため、無駄な出費が減ることは間違いありません!

スポンサーリンク

電気・ガス・水道の公共料金をPayPayで支払う方法(請求書払いの使い方)

PayPay 請求書払いの使い方

「PayPay 請求書払い」の使い方は、たったの3ステップで支払いまで終わります。
誰でも簡単に支払えるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

ステップ1 PayPayのホーム画面から「スキャン」をタップ

スマートフォンにダウンロードしてある「PayPay」アプリを立ち上げ、PayPay 残高が表示されている画面(ホーム画面)を開きましょう。
その後、PayPay 残高が表示されている下のメニュー(スキャン、送る、受け取る、チャージ)の中にある「スキャン」をタップ

そうすると、カメラが稼働して、「スキャン支払い」のバーコードを読み込めるようになります。

ステップ2 公共料金の請求書(払込書)のバーコードを読み込む

ステップ1で無事に、スキャン支払いでカメラを稼働させたら、画面中央に表示されている青い四角内に、請求書(払込書)に記載されているバーコードが収まるように調整しましょう!
合わせたら、程なく読み込まれて、支払い内容の確認画面が表示されます。

ステップ3 支払い金額を確認して、「支払う」をタップ

最後に、支払い内容の確認画面で、請求書(払込書)に記載されている金額とスマホに表示されている金額が一致しているか、また支払い先が合っているか確認します。
問題がなければ、画面下部にある「支払う」ボタンをタップ

これで、PayPayを使った公共料金の請求書払いが完了です。

PayPay 請求書払いの注意事項

PayPay 請求書払いは、簡単に公共料金の支払いができ、非常に便利です。
しかし、支払う上で注意しなければならない点がありますので、確認しておきましょう。

  • PayPayアプリのバージョンを「1.34.0」以上にアップデートする
  • 請求書払いできるのは「PayPay 残高」のみです。
    • PayPayに登録したクレジットカードでは支払うことができません
  • 獲得したPayPayボーナスは「送る」ことができません。
  • 1回の支払いで還元されるポイント上限は「2,500円」相当までです。
    • つまり、1度の支払い金額のポイント付与対象は「50万円」までです。
スポンサーリンク

PayPayは請求書払いでも0.5%分がボーナスがもらえる!

ポイントゲット

先ほどもご紹介しましたが、PayPayの請求書払いをするメリットはもう1つあります。
それは、コンビニで請求書の支払いを現金でした場合にはもらえないポイント(PayPayボーナス)がもらえることです。

PayPayでは、支払い金額の0.5%がPayPayボーナスとして還元されます。
そのため、コンビニで現金払いをしている人は間違いなく、お得になりますよ!

支払い方法PayPay 請求書払い
ポイント還元率支払い金額の0.5%
付与されるポイントPayPayボーナス
ポイントの付与時期支払日の翌月20日前後
スポンサーリンク

PayPayの請求書払いができる公共料金(事業者・団体)は?

スマートハウス

2019年9月4日時点で、「PayPay 請求書払い」が対応している公共料金は下記になります。

電気東京電力
中国電力
九州電力
ガス東京ガス
広島ガス
水道東京都水道局

今後も続々と支払い可能な事業者や団体が増えていく予定なので、契約している事業者がない方は続報を待ちましょう。

PayPay 請求書払いの対応スケジュール

現在公開されている対応スケジュールは下記になります。

提供開始日対応する請求書
2019年9月2日(月)東京ガス
東京電力
東京都水道局
広島ガス
中国電力
九州電力
2019年9月30日(月)「Yahoo!マネー」で支払える約300の地方公共団体及び事業者
2019年10月以降北海道ガス など
スポンサーリンク

まとめ

スマホ決済サービスがどんどん便利になっていく中で、お得さも増していると思います。
今回のように、現金で支払うよりもスマホ決済を利用することで、お得になることが多いのでぜひチャレンジしていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました